「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」を読んでます。

2017.12.06 / 雑談 / Author:

こんにちは!ぺしです!

今読んでいる本を紹介します。
本当は読み終わってから紹介したかったのですが…


「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」
川上和人
新潮社
1400+税

いくつかの章に分かれていて、それぞれ独立しているので、
パラパラっと開いて、目についた章を読む…という読み方をしています。
全部読んだわけではないので、そのうちちゃんと頭から読みます。

鳥類に対する調査や実験、考察などなどを
とっつきやすい(人によってはそうでもない)語り口で書かれていて、
本を読んでいるというよりも、著者から体験談を直接聞いているような気分で読んでいます。

専門的な話も出てくるのですが、話し言葉に近い文体なので、
その場で止まることはなく、読み進められました。

鳥類についての解説は興味深く読みました。
読書倶楽部でも読みましたが、
「ゆるふわ昆虫図鑑」とか「ざんねんないきもの図鑑」とか、
そういうの好きなもので(笑)

先ほど体験談を聞いているようだと書きましたが、
堅苦しい話ではなく、フランクに話しかけてくるような印象があります。
鳥類の解説にまつわる著者の体験談やたとえ話、導入部分に
著者のセンスといいますか、人となりが出ていると思います。
たとえ話とはいえ、なんでのび太君やシャアが出てくるんですか(笑)

しかし、そういう仕事とはいえ、
話の中にさらっとどこそこの国で~というのが入っていて、
国外にでる機会があまり無い生活をしている身としては、
大変だなぁと思う反面、すごいなぁと感心します。

Comments: 0

Leave a Reply

« | »

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • 最近のコメント