純愛に騙される【去年の冬、きみと別れ】

2018.03.26 / 映画 / Author:

こんにちは!あまたです(・ω・)

やっと観に行けました…!!!

去年の冬、きみと別れ

最愛の女性との結婚を控える記者=耶雲が狙う大物は
一年前の猟奇殺人事件の容疑者=天才カメラマンの木原坂。
真相に近づく耶雲だったが、
木原坂の危険な罠は婚約者=百合子にまで及んでしまいます………

原作も読ませていただきました。
読めば読むほど深まる謎、
“この一人称は一体誰なんだ…”と
難しくも面白く読ませていただき、
さてこれがどう映像化されるのかと楽しみでありました。
いや~~~こうくるか…!!!
先に原作を読んでいたので、オチは解っていつつ
騙されたというか、鑑賞後妙にすっきりしました。
パズルが綺麗にはまったといいますか…
ああいう復讐はね、嫌いじゃないですよ。
“化け物”いいじゃないですか。
純粋だったからこそ、彼は化け物になったのでしょう。
後半で一気に伏線が回収されていく、
時系列が綺麗に整理されていって
パズルが埋まっていくような快感。
一見イメージショットのような吹雪の海岸にも
大きな意味がある。
すごい…
原作とはまた脚本が違うのですが、
それでも、原作を丁寧に丁寧に読んでいるのだろうな…と思います。

また、前半と後半でのキャストの表情の違いにも注目していただきたい。
三代目 J Soul Brothersの岩ちゃんではなく、
あえて俳優 岩田剛典さんとしてお話させていただきたい!!
彼はこういう裏がありそうな役が綺麗にハマりますね。
前半の表情、後半からの表情、恋人といるときの表情
色んな表情が本当に素晴らしい。
彼女との出会いでのシーンの笑顔がもう可愛い!!!可愛い…!!!
これからの俳優としての活躍が非常に楽しみ。
カメレオン俳優になりそうな予感。
多分一番のとばっちり(?)は木原坂だと思うのですが
斎藤工さんのミステリアスな演技も好きだったなぁ。
不思議な魅力がありました木原坂。
山本美月ちゃん可愛いな~~~~…
とニヨニヨしながら観てました(^ω^)
小林役の北村一輝さんもよかったなぁ…
前半のできる男風からの後半の頼りなさそうな感じ。
良き映画でございました。
それでは!

Comments: 2

Herr Katze // 3月 27th, 2018 - 12:09 AM

「見た人すべてがだまされる」
ってどうしてこういうキャッチ押しだしちゃうかな
まぁそういうので話題性作るんだろけど

ついこっちも構えちゃうんですよね
「騙されないぞ」って
何十年もそういう映画も観てきてるんで
最初っからその気で観たら
やっぱり騙されないんですわこれが

それがちょっと残念かな~
構えないで
騙される気マンマンで観たらもっと楽しかったかも

山本美月はもう好きで
斎藤工も好きだから観たけど
岩ちゃんがよかったなー

あまた // 3月 27th, 2018 - 9:16 AM

Herr Katzeさん、コメントありがとうございます!

そうなんですよね。
あのキャッチは私も大げさでは…と思っていたのですが…
確かに身構えちゃいますよね。
私は「騙された~!」というよりは
妙なハラオチ感といいますか、
スッと綺麗にパズルがハマって気持ちがいいわこれ…
みたいな感じで割と面白く観れました。

岩田さん、今年ドラマと映画も出演があって
今後の俳優としての活動がとても楽しみです。

Leave a Reply

« | »

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近のエントリー

  • 最近のコメント